私達夫婦はいわゆる授かり婚で、十分な貯蓄もないままの入籍をしました。結納などもなかったし、結婚指輪も安いものを選んで購入し、つけています。もちろん式も挙げていません。けれども夫婦の仲が良いことが一番大事だと思っていたので、それらに不満は一切ありませんでした。親しい友人からも、お金はなくても毎日楽しそうだよね、と言われとても嬉しかったです。しかし結婚するにあたって、やはりドレスだけは着たいというのが私の希望で、結婚写真だけは出産後に撮ることを決めていました。出産後、体系を頑張って絞り半年後に写真スタジオに予約を入れました。電話予約の際に受付の方からは、どんな風に撮りたいかのイメージだけしてきてくださいと言われていたので旦那と色々話し合い、その結果楽しそうな写真が撮れればいいということになりました。

当日、息子も連れて3人で予約していたスタジオへ。夫婦二人だけの結婚写真と、息子も入れて3人での家族写真との2パターンを撮影する予定だったので、衣装選びからスタートしました。私と旦那はそれぞれ白のドレスと白のタキシードを選び、息子は白い天使の衣装を着せて頂きました。私たち二人を結び付けてくれた天使というイメージで撮影したかった為です。私のヘアメイクなどを済ますと、まずは夫婦二人の結婚写真の撮影。写真スタジオのスタッフさんが息子をあやしてくれていて、スムーズに撮影を終わらせることができました。続いて家族写真の撮影。息子は終始ご機嫌で、素敵な笑顔も見せてくれました。撮影が終わり、購入する写真を選ぶ段階で、スタッフさんからとても楽しそうに撮れていますね、仲の良さがお写真から伝わってきますよという言葉を頂き、嬉しくて泣きそうになってしまいました。写真スタジオのスタッフさんにとっては写真を売ることもお仕事なのでリップサービスのようなものだったかもしれませんが、私たち夫婦にとっては一番嬉しいお言葉でした。写真は両方の実家に送る分も合わせて2パターンの写真を3枚ずつ購入しました。写真が出来上がってからすぐに両実家へ送ると、とても喜んでくれました。

私の実家からは家族写真の方の評判がすごく良く、リビングに飾ると言ってくれていました。授かり婚という形での入籍で、世間一般の結婚とは少し違う形のものになってしまいましたが、それでも私たちが希望していた楽しそうな結婚写真をしっかりと残すことができて、よかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*